2007年10月27日土曜日

桂川に遊ぶ

川 と言えば京都府を流れる淀川水系の桂川を連想するが、全国に桂川を名乗る川は他にもいくつかある。10月にTake-sanと行った桂川は相模川と名を変える山梨、神奈川を跨ぐ一級河川だ。その古名は鮎川とも言い、鮎に縁の深い川でもある。

鮎に縁がある川はその瀬と清流でカヤッカーを引きつける川でもある。しかし桂川は首都圏からのアクセスの良さの割にはメジャーにならなかった川だ。手元にあるリバーガイドブックにも桂川の情報がかかれた本はない。今から10年程前に遡るが当時所属していたカヤックのクラブで初めて遠征の話が出た。雨が降って増水しなければ下れない川...。そんな話だったと思う。予定が合わずその遠征には参加出来なかった。その後も桂川に縁がなく、昨年からこり始めたダッキーの縁で知り合ったTake-sanに初めてガイドしていただいた。

印象は、人造物が視界に入ることも少なく、瀬とトロ場を繰り返しながら落差のあるドロップがある実に楽しい、リズム感のいい川。台風9号の後、カヤッカーが随分増えたとはTake-sanの話。現地の漁協はriver sportsに対して理解を完全に示しているわけではないらしい。鮎釣りのメッカでもあるこの川での共存を願いたい。


拡大地図を表示

水位はここから確認出来る
。水位によって難度がいきなり高くなる川なので要注意。



Take-sanにとってもらった連続写真。よく撮れていてお気に入り。






桂川lower。この辺りはリラックスして下れる区間。Take-sanの愛犬、Jetが川に飛び込み泳ぐ姿が微笑ましい。






つまらない所で岩に乗り上げ落船。かなり笑えます。 Take-sanの笑い声が余計に笑いを誘う。





桂川は人工的な構造物が視界に殆ど入らず、DRしたこの区間は殆ど手が加えてられない理想的な川だ。ただ残念なことに臭うのだ。上流の大月市の下水道普及率は42%で流域市町村の中でも低い。ゴルジュに流れ落ちる滝は一見わき水のように見えるが生活排水だったりする。迂闊に滝に打たれるような事をすると...。用心用心。
上の写真はLowerのスタート地点。寒がりなもんで10月とはいえすでにドライスーツ。この日は日差しが暖かく、ドライスーツは過剰装備だった。

2 件のコメント:

jettake88 さんのコメント...

桂川に魅せられて3年通っておりますが
未だ飽きる事のない素晴らしい川です。
ちょっと臭いますけどネ(^^;)
増水桂川なんか攻めちゃったら
アドレナリンと恐怖で嗅覚麻痺しちゃいますよー(笑)

それにしても動画は何度見ても
面白いです。
実はISOさんが落水した当初は
ムービーカメラ処女撮影に対する
サービスカットだとばかり思ってました。

匿名 さんのコメント...

突然のコメントで失礼いたします。
ブログを拝見させていただきまして、是非とも協力をして
いただきたくコメントという形で、ご連絡をいたしました。
当サイトは「ブログで繋がるコミュニケーション」をテーマに
参加していただくブロガーの皆様を幅広く募集をしています。
ランキングを楽しんだり、さまざまなブログを拝見したり、
ブログを持っている方々のコミュニケーションの、
一つの引き出しとして、その場を提供したいと考えています。
当サイトの検索バーの横にブログの登録フォームがあります。
お手数をおかけいたしますが、ご賛同いただいて、ブログの登録を
御願いできれば幸いでございます。
是非、御願いします。こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
なお、こちらのミスで謝って、再度、ご連絡をした場合。
また、全く興味のない方は削除されてください。