2008年6月1日日曜日

鮎解禁日に長瀞に行ってみた

日は鮎の解禁日。鮎釣り師はこの日を待ち焦がれていたことだろう。長い雨が明け、本日は絶好のカヤック日和にも関わらず、太公望を避けるために川遊びを自粛、MTBを車に積んで長瀞に向かった。以下は親鼻橋下の様子。釣り師が多いこと。普段はコマーシャルラフトのスタート地点でもあるこの場所にラフトの姿は一艘もない。小生と同じく本日は自粛しているようで...。


video

それでも鉄橋下にはカヤッカーと真新しいラフトにに乗る学生(?)が...。小滝にもスポットで楽しむカヤッカーが数名。DRしているパーティーを一組見た。本来ならばこの条件ならもっと多くのカヤッカーがいても良さそうなものだが、やはり自粛モードかな。



コマーシャルラフともスクールも開催されている気配がなく、妙に静かで寂しい限りだった。鮎釣り師にとっては特別の日。今日は仕方がないか。

0 件のコメント: