2010年11月23日火曜日

Hot&Spicy:桂川清流センターより下流を初めて下りました

労感謝の日。清流ハンターのelfは大芦川へ。合流しようと最後まで検討しました。大芦川の透き通った美しさとelfの大名キャンプには後ろ髪を引かれる思いですが、大芦川は水が少なかった。我が同士、才谷屋さん、Owlさんは河原でキャンプして、今日は川を下ってるはずです。いつも愉快な彼らの珍道中はmixiでぜひ読んでくださいね。































さて、我々はと言えば、elfキャンプに後ろ髪を引かれるも水量が増えなかった大芦川と、スパイスが少し足りない長瀞、御岳で悩みに悩みました。ギリギリまで検討しましたが、結局金曜日から一気に30cm以上増水した桂川に出撃することになりました。メンバーは、人生の先輩、へたっぴカヤッカーさん府中人さん、そしてカヤックの先輩Woods夫妻です。大月の水位は朝6時には1.98まで上昇。これはかなり増水しているといえます。

桂川は増水すると難易度急上昇、迫力を増しHot & Spicy! 刺激が少なくなってきたオヤジには、クー....いい感じです。先般、大荒れの増水小国玉川を下ったばかりのオヤジ達としては、増水の桂川は望むところです。しかも今回はWoods夫妻が未踏であり、ずっと下ってみたかった桂川清流センターより下流を案内してくれるとのこと。これは素晴らしい。

我々が通常桂川を下る時は、ヤギさんがいる曙橋下流の河原から桂川清流センターまでです。桂川はこの区間よりも、実は桂川清流センターより下流の方がさらに激しいとは聞いてはいましたが、テイクアウト地点が全くわかりませんでした。今回Woods夫妻の導きにより、念願の清流センタより下流を下った次第です。この区間は小国玉川のゴルジュと同じく、川幅が一気に3-4メートルまで絞られます。当然複雑な波がたったり、ホールが出来たりとお約束の刺激です。

今回清流センターよりも下流を下って初めて判った事は、実は中流域の核心部、キャンプ場前の瀬よりも清流センターより下の方がさらに刺激が強く、難易度の高い瀬が長く続くということです。キーパーホールや、激しいボイルで区切られたたこつぼエディー等、かなり厳しいセクションが延々と続きます。レスキューも非常に難しい区間ですので、レスキュー体制、メンバーなど十分配慮した方がいいと思いました。

テイクアウト地点


























人生の先輩、へたっぴカヤッカーもこの区間に大興奮。詳しくはへたっぴカヤッカーさんのブログを参考にしてください。(ちょっと書いて、詳しくは誰々のブログを参考にしてください、と書き逃げするのが流行っているようです。へたっぴカヤッカーさん、よろしくお願いします。)






































































清流センター下の核心部、凄かったんだけど写真がありません。撮る暇なかった。小国玉川を下ったことがある方、あのゴルジュ区間に落ち込みと岩をえぐったエディーをつけ加え、数倍長くした感じです。

いやー、桂川、増水したらまた行くぞ!

6 件のコメント:

よういち さんのコメント...

御岳に行ってましたが、そこそこ増水していて楽しめましたが、こっち方が楽しそうですね。

才谷屋 さんのコメント...

いろいろすいませんでした。
結局大鳥居から学校前の公園までショートで下りました。前回と変わらぬ水量でしたよ。相変らず奇跡の水質だし。ロック!

Woods さんのコメント...

やはりDLは楽しいですね。

今度リベンジするならお付き合い致します。
次はFUNでやっつけに行きますか、、、!?

Acton さんのコメント...

よういちさん、コメントありがとうございます。桂川はゴミも浮いているし、大腸菌うようよの汚い川ですが、川相は最高です。一度ぜひ、一緒に行きましょう!

Acton さんのコメント...

才谷屋さん、いつもコメントありがとうございます。水質ではやはり大芦川は桂川より100倍いいですよね。elfオフィシャルリバーとはよく言ったものです。ぜひまた行きましょう!

Acton さんのコメント...

Woodsさん、先日はお世話になりました。次はやはりFunで挑戦しようと思います。次回の増水時もよろしくお願いします。