2009年5月25日月曜日

神の回廊は狭く、屈曲していた: 群馬県 神流川を下る

流川と書いてかんながわと読みます。神の川が転じて神名となり、神流とさらに転じたのが云われらしいです。実に詩的な名前ですね。群馬県には他にも例えば月夜野、嬬恋など漢字を通して情感が浮かび上がるような素敵な地名が多いです。神の名の下をくだる、神の名の下に神の川をくだる。いったいどういう川相なんでしょうか。

連休中のカエルアドベンチャ-主催のツアーの後はブログを更新していませんでしたが、実は今月は連休以降既に桂川へ2回、御岳に1回出撃しています。今週は昨日の御岳に続いての連続出艇で、またもカエルアドベンチャーさんのツアーに参加して神流川へ出向きました。神流川は日本のBrian Vogt、ラナパパが昨年すでに下っています。緻密な彼の記録から川相、リバーマップをぜひ参考にしてください。日本の川を100本下るという目標を掲げて、ホワイトラピッドを求める求道者、ラナパパのブログは必読です。リバーランニングの情報として秀逸ですので、ぜひ参考にしてください。(因みにIKの求道者、Brianのブログ、River logは写真を見るだけでも楽しいです。本ブログのリンクからどうぞ。)

入渓地点は蛇木の滝の下です。Take out地点ははこだたみキャンプ場でした。今回は水量、水位も低く、ルート取りがかなり限定されていました。区間によっては狭窄し、限定されたルートに正確に艇を通していくコントロールが要求されます。



蛇木の滝です。一見綺麗な川に見えますが、大変残念ながら生活排水の臭いがツーンと鼻にきます。洗剤の泡のようなものも浮かんでいます。これだけ高さのある堰堤ですので気化しやすく、周囲も岩盤で囲まれていたので余計に臭いが滞留しているのかもしれません。残念です。


ルートが限定されるので確認のためにスカウティングが多くなります。今回の水位では底を擦りながらの降下が多く、リズムよく下ることはなかなかできませんでした。




へたっぴカヤッカーさんは新しいデジカメを引っ提げての登場です。今回はスカウティングが多く、撮影の機会が沢山ありました。パドリングの方は相変わらずベテランの味でそつなく、安定して瀬をこなしていきます。流石です。


















マイルドなドロップもありますが、特に険悪なポイントはありませんでした。
















春も雪代が水位をかさ上げするような事は殆どないようです。


瀞場もありますが、全体の瀬を象徴するようなショットです。


















周囲を見回すと新緑が目に眩しいです。


ゴールのキャンプ場前で。神の名を持つ川は今回は優しい流れでした。今回の水位ではアドレナリンレベルは2です。しかしルートが限定され、非常に狭いので難度は若干高めだと思います。レベル的には御岳と桂川の間くらいでしょうか。今度は増水した時の神の川の下ってみたいな。



7 件のコメント:

柿の種仙人 さんのコメント...

なかなか通好みしそうな面白い川ですね。メンバーもそろって楽しそう、行きたかったなー。またぜひご一緒させてください。

Acton さんのコメント...

仙人さん、

先日は我々だけ楽しんで申し訳ありません。やはり皆で盛り上がると楽しいですね。今週は那須に行きますのでよろしくお願いします。また盛り上がりましょう!!

府中人 さんのコメント...

毎週出撃とは、皆さんすごいパワーですね!
私しは、遠い将来の〇〇岩攻略?に向け、地味練?しています?
来月は、大川と月末の利根川に行かれたらと思っていますが、その節は、また、よろしくお願いします。

Acton さんのコメント...

府中人さん、コメントありがとうございます。利根川の区間は紅葉峡ですよね?僕も参加するつもりですので、よろしくお願いします。

伊南川は毎日といっていいぐらい地図をやぶにらみしています。川相は七厘会のブログ以外の情報はありませんが、屏風岩より上流の桧枝岐温泉スキー場から屏風岩までの区間を降下しようと計画中です。この区間は堰堤はありませんが、あの七厘会が4+としている区間です。(ただし春先の増水時期)よろしければ go2river@gmail.comまでメールください。メンバーが揃えば夏までに出撃します。

ラナ父 さんのコメント...

こんばんは。
ラナ父です。

相変わらず広範なフィールドで活動されていますね。神流川といえば、蛇木渓谷の終わりあたりに石積みの堰がありませんでしたか? 私が下ったときは、3mくらいの滝のような落ち込みができていて、かなり怖かったのを覚えています。
再訪される際、タイミングが合いましたらぜひご一緒させてください。

Acton さんのコメント...

ラナパパさん、降臨ありがとうございます。橋の前にある人によって積まれた石ですよね。当日は水位が低く、行けそうでしたがツアーとしての団体行動はポテでしたので...残念。それよりリバベンいかがでしたか?

ラナ父 さんのコメント...

滝落ちならずですか。残念でしたね。

リバベン無事終わりました。オープン参加扱いなので記録は残りませんが、目的だった花鳥たちのチーム「沈虎」には勝利できました。G君大活躍でしたよ。