2010年7月31日土曜日

栃木県大芦川を下る

木県鹿沼市を流れる大芦川へ休暇を取って出撃してきました。平日、しかも金曜日に休み取るというのは実に贅沢です。都内に向かう通勤の車を横目に逆方向へ向かう優越感。スーツを着ない自由。ネクタイをしない開放感。ブラックベリーは起床と共に未読メールをクリーンアップし、何も思い残すことはありません。

今回はいつもお世話になっているヤラレンジャーこと、柳本さんが立ち上げたClass5のプライベートツアーに参加しました。今年は仕事、ゴルフ、そして浮き世の義理で身動きがとれず、まともにカヤックをしたのは7月上旬の北海道ツアーのみ。今回のツアーは、今年に入って2度目の本格的なエクスペディションです。前日は弱い雨が終日降っていたので多少の増水を期待していましたが、思った程増水していませんでした。

なるべく上流から降下しようという話でヤラレンジャーからは聞いていましたが、水位が低く断念。結局、西大芦東生活改善センター前の塩沢橋から5km程下流の天王橋までの区間を設定となりました。塩沢橋より上流の区間はもう少し水量が増えないとなかなか難しそうです。

さて、大芦川の特徴は、まずは川がきれい。透明度が恐ろしく高く、魚影も濃い。川に沿って古峰原街道が通っているため、川までのアクセスも非常によい。下り始めたらギブ出来ない川もありますが、この川はポテもギブも可能です。途中の大きな堰堤ではロープで艇を下ろさなければなりませんが、この段取りさえ問題なければクリーク入門には最適な川だと思います。難易度は全体的な印象としては山梨県桂川の一ランク下だと思います。前半は恐ろしく透明な淵や簡単な瀬ばかりで、気が抜けてしまいますが心配しないでください。大きな堰堤を越えてからは、じっくりコースを読まなければならないポイントが出てきます。険悪な箇所は昨日の水位では特にありませんが、大きな堰堤を越えた辺りからテトラが川の真ん中に2,3入っています。



古峰原街道を走ると、おそば屋さんの数の多さに驚きます。鹿沼そばと呼ばれる名品のようです。これだけそば屋さんが多いと、お昼はそば以外の選択肢はありません。今回お邪魔したのは一庵(いおり)さんです。お勧めはにらそばだそうです。おそばとニラを一緒に茹でてあるだけですが、そばと一緒に食するご当地メニューです。栃木のトリビア、ニラとそばの食感、歯応えを楽しんでください。

















遅くなりましたが、柳本さんの独立と長男誕生を祝してノンアルコールビールで乾杯しました。

















大芦川、気に入りました。鹿沼ICから30分かからない距離です。首都圏からのアクセスが良いし、幅広いレベルのカヤッカーが楽しめそうなので、人気が出そうな予感がします。来週もここに来ようかな?

6 件のコメント:

柿の種仙人 さんのコメント...

Actonさん、良い川ですね。
ちょっと見ない間にずいぶん腕を上げましたね。カヤックが自然に乗りこなせている感じですね。それにとても楽しそう!こんどは大芦川、連れて行ってくださいね。

Acton さんのコメント...

仙人さん、早速のコメントありがとうございます。大芦川は綺麗だし、ICからのアクセスがよくてなかなかいいですね。難易度もお手軽で気張らずに下れます。

後藤さんの所に入門しました。いろいろ教えていただいて、とても勉強になっています。

来週はいよいよ桧枝岐合宿ですね。平さん以外は全員いける口のようですので、いいワインを仕入れておきました。お楽しみに!

yararenger さんのコメント...

Actonさん、金曜日は大芦川お疲れ様でした。
すごく綺麗な川でしたね。
日曜日は残念ながら若干濁りがあり大感動とはいきませんでしたが、それでも素晴らしい川でした。最後のクリークセクションも盛り上がりましたよ。
来週の檜枝岐の様子楽しみにしています。

Acton さんのコメント...

ヤラレンジャーさん、先日は大変お世話になりました。大芦川はヒットですね。素晴しい川です。本当にありがとうございました。桧枝岐の様子は別途またご報告します。

やまかわ さんのコメント...

こんにちは。お久し振りです。

大芦川、なかなかよさそうなところですねえ。

ダッキーでも下れそうですか?
あと、釣竿は多いのでしょうか?

Acton さんのコメント...

やまかわさん、

ご無沙汰しております。いつもブログは拝読してますよ。さて、大芦川ですがそこそこ釣り師は入ってます。川遊びでも有名な川ですので、釣り師は寛大という印象があります。

川のレベルは、今回の降下した区間の平均値でいえば御岳と桂川の中間ぐらいでしょうか。プチクリークです。下る区間をうまく選べば幅広いレベルの人が下れる印象を持ちました。