2011年6月23日木曜日

東日本遠征那珂川上流編:クリークガールズ参上

征の始まり

今年6月にUSカヤックツアーを企画していました。日本からもアクセスが悪くないカリフォルニアの州都、サクラメント。サクラメントから車で1-2時間の範囲には、実はYouTubeでちょくちょく見かける有名な川が沢山あります。昨年の北海道遠征に引き続き今年は吉野遠征という話でツアー話はスタートしたのですが、僕が幹事を引き受け目的地を変更し、土地勘のあるカリフォルニアに遠征することになりました。

それなりの時間をかけて調べ、何度か現地カヤッカーとも連絡を取ってガイドを引き受けてくれるアウトフィッターを選び、内容をつめ始めたタイミングで不幸な震災に見舞われました。公共性、社会性の高い仕事に携わっている仲間も多く、長期の休暇が難しくなりUSツアーはやむなく来年に延期となりました。しかし半年以上前に折角押さえた休暇があるので、期間を短縮して震災の影響を受けた東北、北関東の川を漕ぐことになりました。これがそもそもの今回の遠征の始まりです。

6月18日土曜日。まず最初に向かった川が那珂川です。那珂川は関東では定番のツアーリバーですが、ことその上流となると漕がれた経験のある方は少ないのではないでしょうか。この区間は水位によって大きく表情を変える川です。川相については、「那珂川上流 カヤック」で検索して頂ければ参考になるサイトが沢山出てきます。


有名なラナパパが作った那珂川上流のリバーマップ。


大きな地図で見る
那珂川上流は視界がとても広がっていて、那須連峰のパノラマを背中にして下る雄大さがあります。何となく陰気なクリーク系の川にあっては異色の存在です。水位によって大きく表情を変える川ですが、前半はロックンロール。しかしその瀬も突然大きなウェーブやホールに変わります。今回は残念ながら水位が低く、ホールやウェーブにはお目にかかれませんでした。

2009年4月に出撃した時の写真。大雨後の増水のコンディション。写真は元やん。増水しても水が濁らないのに驚きました。当日の水位だと、いたる所に大きなホールやウェーブができます。当日の黒羽の水位は130cm。今回は平常時に近い68cm。因みにゴールの疎水公園で計測した放射線量は0.65μSv/H。約1mの高さで計測しました。報道の通りホットスポットになっているようです。今回は線量計を持参して計測しながら下りました。


















核心部イカの瀬のスカウティングも楽しそうです。

これが噂のクリークガールズ。今回はリーダー格の南極3号が足りない。




























今回は女性の参加率が多くてびっくりしました。那珂川上流はロックンロールなクリーキーなセクションや、水量によっては巨大ウェーブ、ホールが出来る区間で一筋縄ではいきません。今回参加したクリークガールズは蝶が舞うように瀬を渡り、蜂が刺すようにエディーを取り、しかし薔薇の気高さと美しさで那須の雄大な自然の中で圧倒的な存在感を示しました。実は那珂川での彼女達の華麗な舞を見た我々は、それが単なる予告編に過ぎないことが桧枝岐川で判明するのです。(つづく)

追記:那珂川上流は御岳よりレベルが上の川です。この川を下った経験者が同伴してレスキュー体制をしっかり整えて下るか、Class5カエルアドベンチャーのガイドで付きで下ることをお勧めします。なお、黒磯カヌークラブからもこの区間の危険情報が出ていますので、参考にしてください。

6 件のコメント:

元やん さんのコメント...

写真は女性ばっかじゃないですか!周りの男性が印象にない?くらい、クリークガールズに圧倒されっぱなしでしたね。

スモも さんのコメント...

那珂川も初なら桧枝岐川も初DRでした。
うわさのクリークガールに混ぜてもらえてうれしい&楽しい遠征でした。ノリーともどもお世話になりました。

柿の種仙人 さんのコメント...

これだけ女性が居ると、カヤック界の未来も明るく見えますね。みなさん楽しそうでホント良かった。今度は体調を整えてご一緒できるように気をつけます。

Acton さんのコメント...

元やん、いつもいつもありがとう。クリークガールズは一大勢力になりつつあるね。彼女たちは本当にすごいよ。

Acton さんのコメント...

スモさん、ノリーさん共々ご一緒できて良かったです。2回目はかなり余裕だと思いますよ。又行きましょう!

Acton さんのコメント...

仙人さん、お疲れ様でした。体調不良、残念でした。桧枝岐はまた行きましょう!