2011年6月4日土曜日

WC日本代表柳本さん壮行会:Tatsunori Yanagimoto: Play for Japan @ICF Freestyle WC

今のクリークブームの火付け役としてヤラレンジャーこと柳本さん率いるClass 5は、業界でも大分名前が知られるようになりました。一年前に旗揚げしたC5も、聞くところによると初年度としては順調な滑り出しとのこと。正直ハラハラしながら見ていた熱烈な柳本サポーターとしては、一安心です。設立時に柳本さんにどんなアウトフィッターになりたいか聞いたところ、イギリスのGene17のようになりたい、と言ってました。昨今の状況を総合的に判断すると、アウトフィッターとしての方向性、位置づけ共にC5は日本のG17になってきたように感じています。このタイミングでの主催者柳本さんのWC参戦は今後のさらなる発展を予言しているようですね。何はともあれ、日本代表としてPlay出来るなんて、実に名誉な事ではないでしょうか。






































柳本さんの人柄はもちろん、アウトフィッターとしての安全に対するコミットメント、熱意、技術。彼に惹かれるサポーターは沢山いますが、今回その中でも比較的年齢が上で、C5の常連が集まってささやかな壮行会を開催しました。











































































当日の夜に集まったメンバーは通称、桧枝岐クラブと呼ばれています。会長も会則も存在しない、メーリングリストが唯一の実体というグループです。他にもこのクラブのコアメンバーが数名いますが、残念ながら予定があわず無念の欠席。桧枝岐クラブのメンバーはグルメが多く、集まりがあるとレストランの選定は一苦労。今回はそんなグルメの胃袋と舌を満足させるだけではなく、いつも喧しいこの集団を受け入れてくれ、尚かつカジュアルなレストランということでピックアップしたのは丸の内のメキシカン、ムーチョモダンメキシカーノ。思いっきりメキシコを全面に出したカルチャー系アドモスフィアとは全く違った、モダンメキシコ。天井からぶら下がるLEDのアイシクルは、外れるリスクが非常に高い演出だけど上手くまとめています。肝心の料理の方は、日本人向けで馴染みやすいアレンジ。原宿のあの有名店よりもこちらの方が敷居が低くて、個人的に気に入ってます。






















わいわいがやがや、実に楽しく、飲んで、食べて、騒ぎました。この弾けた雰囲気がThe壮行会。肝心の柳本さんは久しぶりの都会に、田舎から状況してきた受験生のような困惑ぶりでした。たまには都内に足を運びましょう!

さて、ワールドカップ。今回柳本さんにはぜひ頑張ってもらいたい。目指すは当然優勝だ。日本から応援してますよ!そうそう、それからネットワークもぜひ広げてくださいね。海外ツアーの企画、期待してますから!

2 件のコメント:

woods さんのコメント...

いつも幹事お任せしてしまいましてすみません。
我が家ではいかないようなお店のチョイスを楽しませて頂いています。

柳本さんは、いろいろな方から応援いただいて幸せ者ですね。
これも彼の人柄のなせるところなのでしょう。

世界を経験して一回り大きく帰ってきてくれるのが楽しみです。

お帰りなさい会もやりますか!?

Acton さんのコメント...

Woodsさん、いつも写真の提供ありがとうございます。今回もほとんどWoodsさん撮影の写真でした。ご案内の通り最近写真を勉強しているのですが、ちっともうまくなりません。カヤックもそうですが、写真も才能ないようです。さすがWoodsさんは勝ち組だな!!