2009年8月1日土曜日

リバースポーツの流行を占うOutddor Retail Summer Market:今年はSUPが日本でも流行るのか!?

年開催されているアウトドア製品の展示会、Outdoor Retail Summer Marketが終わると取材記事が雑誌等に掲載され、新しいもの好きとしては毎回興味津々です。各社からもいろいろな記事が載っていますが、カヤッカーにお薦めはやはりPLAYAK.COMのラップアップ記事です。OLVMの記事は流石というか当然というかビデオでカバーしてます。

今年はやはりSUP, Stand up paddling、がやはりブレークしているようですね。Mountain BuzzにもRiver SUPのスレッドが結構立っていたり、CKSNRSもSUP用のボード、パドルを最近扱い始めており、何か起きているなと感じていました。カヤック関係のブログでもSUPが掲載されることが随分増えたなと思っていたら、やはりですね。マリンスポーツとしてのSUPは比較的歴史が長いようですが、リバースポーツとしてのSUPは日本ではどうなんでしょうか。

そもそもリバースポーツは国内では衰退気味ですし、クラブカヤッカー、特に御岳や長瀞でよく目につく首都圏近郊のクラブの中でも、とりわけ地名系クラブ(クラブ名に地名が付いているカヌークラブ)はどう見ても40代から60代のご年配が中心で、ただひたすら黙々と漕ぐ姿に敷居の高さを感じるようです。若い世代のノリとはかけ離れているので、彼らがそういったクラブの様子を見て門戸を叩くイメージが湧きません。

カヤックをしていて最近若い世代の人口が増えているという感覚は、残念ながらまったくありません。このまま年寄りのスポーツになって行くのでしょうか。大変心配です。

さて、話は元に戻ります。SUPは元々はハワイ発祥の海の遊びでしたが、ここ1年で川でSUPというのが話題になっているようです。何年か前にRiver SUPを長瀞でお一人見かけましたが、スタンドアップ用のパドルは今も当時も今も国内で流通していなかったので(マリン用はあったのかもしれません)、業界関係者の方かなと思ってました。



今回もうひとつの話題もPlayakのラップアップにある、今年からUSで販売を始めたGoGirlです。こちらも同じくSUPです。単にSUPを二つかけただけですが、しかし同じSUPでもStand Up Peeing、つまり女性用の立って小用するための小物です。これはジョークプロダクトではありません。極めてまじめな製品です。南極、ヒマラヤ、サハラ砂漠などの極地を制覇し、アウトドアをガチンコで対峙してきた同志、南極3号がこの製品をどう考えるか聞きたいところではあります。グーグルでGogirlを検索しましたが、日本語のサイトで記事にしているのは何と一件のみ。このブログを読まれた方はかなりの早耳になるでしょう。

Playakには各社のブースの写真がアップされています。新製品はこちらで確認。今年の展示会に参加しなかったメーカー一覧もあり、気になるところです。

2010年モデルとしてAll Starに注目が集まりがちですが、個人的に気になるのはカーボン艇2艇。復活したアストロ58ベースのライオットのカーボン艇と新ブランドのタイタン。(Tevaのブースで出品していたかも?未確認です。)タイタンは僅か8kgです。屋外会場のデモの写真も新しい艇が沢山写ってます。JacksonのSUPのプロトタイプなんかもありますよ。

今回イベントが開催されたユタ州ソルトレークはすばらしい所ですが、展示会に参加しなくてもwebで大まかな雰囲気はつかめますね。(因みに僕はこの業界とはまったく関係ありません。)

6 件のコメント:

柿の種仙人 さんのコメント...

Stand up paddlingは、ガンガン漕ぐというより見ていてほのぼの系で楽しそうですね。日本の筏流しに通じる雰囲気もあっていいですね。これで御岳や長瀞ながしたら受けるだろうなー。

Acton さんのコメント...

仙人さん、コメントありがとうございます。本文中に書いた通り一度長瀞で見ました。ただあの時はシットオンを立って乗っていました。SUP用のパドルと乗り方が珍しくて、注目を浴びていました。SUP用の艇、ボードで長瀞いったら目立ちますよね。御岳はちょっと難しそうですね。

USのフォーラムでは最近SUPのスレッドが本当に多くなりました。一部でしょうが流行ってるんですね。

南極3号 さんのコメント...

Go girl …売りは「立ったままできる」ことより「服を着たままできる」点では?
 エベレスト登頂を目指す女性には便利な一品かも。雪山や超高所では、狭い一つテントに他人同士の男女が泊まり、テント内で用を足さなければならない状況が多々あるので(個人的には未経験ですが)。
 しかし、カヤッカーはどうでしょう?わたしも先日CKSのギフトガイド“Gifts for her”欄にこれを発見しましたが、彼女にプレゼントした場合、よくて平手打ち、多分破局は免れないのではないかと。お勧めできません。

Acton さんのコメント...

南極3号さん、コメントありがとうございます。テントの中で用をたすことがあるんですね。知りませんでした。これ贈ったら破局ですか。ははは。面白いね。日本では売れないよね、きっと。

裕 � さんのコメント...

ご無沙汰しております。
パドルボードは我が地元では盛んになってきているので興味はあるのですが・・・動きが結構地味ですね。。
前職でサーフブランドを買収した際の話ですがパドルボードは北米において海用として展開する西海岸と淡水用として展開する東海岸用でマーケットもカタログも別けて展開しておるようです。
そー言えばハドソン川とかで漕いでいる写真もあったような・・

Acton さんのコメント...

Takeさん、ご無沙汰してます。コメントありがとうございます。最近川へいかれてますか?ぜひご一緒させてください! SUPは、はやりますかね?