2011年2月5日土曜日

WRSIのヘルメット:First Descents

WRSIのヘルメットを最近よく見かけるようになりました。Whitewater Research & Safety Institute (WRSI)、は不幸なカヤック死亡事故の原因究明プロジェクトから生まれました。ヘルメットの構造的な問題が息子の死の原因だとという結論に辿り着いたGil Turnerが、アメリカの医学の名門ジョンホプキンス大学の支援を受けて取り組み、新しいコンセプトのヘルメットを作り上げました。詳細についてはWRSIのホームページにも記述がありますし、NPRで放送され、NPRのホームページにスクリプトが掲載されています。短くわかりやすい英語ですので、ぜひ読んでみてください。(もちろんNPRはラジオですので、当日のプログラムを音声でも聞けます。)

先日アップされたEJのRockstarのビデオです。ヘルメットはWRSIですね。


さて、今回はWRSIのFirst Descentsモデルの話。Class5が火付け役となり、昨今クリークブームが発火寸前まで来ている感があります。チンガード付きのヘルメット、First Descentsも巷のクリークブームで人気急上昇。First Descentsというネーミングもズバリどんぴしゃですよね。クリーカーが使うからFirst Descentsだと思われている方が多いようですが、実は別の意味があるのです。

脱着出来るチンガードはWRSIだけです。


















POV撮影用にKodak PlaySportをヘルメットマウントしています。


















WRSIのFirst Descentsモデルは、その売り上げの利益のすべてをガンを患う青少年にカヤックを通じて病と闘う勇気と自信を与えるプログラムを運営する、"First Descents"というNPOに寄付される仕組みになっています。コロラド州にあるこの団体は一週間のカヤック体験を通じて、ガンと向き合う若者をサポートしている団体です。



2001年から活動を始めたこの団体は、ナイキが最初にスポンサーになったプロカヤッカー、Brad Luddenによって創設されました。カヤックの経験が全くない患者に対して、一週間でClassIIIクラスの川を下るチャレンジをするそうです。費用は交通費以外はすべてFirst Descentsが負担します。患者一人にスタッフは4名の割合で、春から秋まで1週間のプログラムが続きます。素晴らしいプログラムですね。First DescentsのHP中にあるBrad Ludden氏のFirst Descentsの説明が、とても誠実で大変感動しました。 

人間の力を遙かにに超越した、自然の力の象徴のような川と、何もしなければ木の葉のように翻弄されるカヤックの対比は、病に冒された青少年がガンにチャレンジするスピリットのそれと本質的には同じではないでしょうか。



ガンにチャレンジする青少年と、その若者をカヤック体験を通して支えるFirst Descentsのスタッフの気持ちを理解しながらこのヘルメットは被りたいものです。なぜか不思議と勇気が沸いてきますよ。

First Descentsを直接支援出来なくても、こういった支え合っている人達に思いを馳せながらFirst Descentsを被ることも、ささやかな貢献ではないでしょうか。いつか何かの形で僕もこういった活動に支援出来ればいいなと考えています。Go First Descents!

9 件のコメント:

柿の種仙人 さんのコメント...

Actonさん、素晴らしいお話ありがとうございました。自分ではなかなかそんな発想は出てきませんが、日本でもそんなプログラムができれば協力したいですね。

Acton さんのコメント...

仙人さん、コメントありがとうございます。仙人さんのようなDr.も沢山スタッフとして参加しているようです。こういう活動を知ると、自分も何かできないか真剣に考えてしまいます。

ふっちー さんのコメント...

First decentsの情報ありがとうございます。
とても素晴らしいと感じました。
カヤックはちょっと他のスポーツには無い多様性をもっていますよね。
僕たちのチャレンジに必要とするヘルメットを購入することで、別のチャレンジが生まれる。
いいですね!
ヘルメット間に合ってるけど、First decents買ってしまいそうです。

へたっぴカヤッカー さんのコメント...

いつもながらの素敵な文に素敵な内容でとても感動しました。私も細々ながらこういった活動に少しでも貢献出来ればと考えてます。またこういった情報があれば教えてください。

Acton さんのコメント...

ふっちー!

コメントありがとうございます。僕みたいに年とってくると、若い時の反省も込めてなにか社会貢献したくなるんですよ。些細なことでも、何もしないよりはましだと思ってます。行動しなければ、と焦る毎日です。

Acton さんのコメント...

へたっぴカヤッカーさん、いつもコメントありがとうございます。照れるからあんまり褒めないでください。いちか日本でも何かやりたいですよね。

keita さんのコメント...

はじめまして。
playsportを買って、どうやってヘルメットマウントしようかと悩んでいてこのサイトにたどり着きました。
画像からではどういう仕組でマウントされてるのか把握出来無かったので、もしよろしければどのようにマウントされてるのか教えていただけないでしょうか?

Acton さんのコメント...

Keitaさん、コメントありがとうございます。マウントの方法ですが、市販の自動車用のアクセサリーを使いました。色々な種類がありますが、両面テープで固定するタイプをヘルメット本体に取り付けました。カヤックの場合はそのままだと弱いので、ベルコアでホールダーを包み込むような形で固定しています。特別な工夫は一切しておりません。参考になりましたでしょうか?

keita さんのコメント...

返信ありがとうございます。
とても参考になりました!
早速やってみようと思います。